ゴンタ                気ままな日記です。


by gonta_i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
# by gonta_i | 2006-02-09 17:31 | 日常

思考と嗜好

きのうは寮の友人と朝の4時まで飲んだ。
そこで、あることについて自らの考えを明らかにすることを求められた。
僕としては、その時点でもう話についていけていなかったので、退路を探ったが、結局相手を茶化してしまったうえに、自分でも訳の分からないことを話していた。

これらの話を通じて、僕は物事を深く考える力が無いということがよく分かった。いま、こうして文章を書いているときでも、考えが深まらなくてうまく書けないのだ。
あと、どうも、論理よりも感情が先行してしまう嫌いがあるようで、直そうとしてみたが、これが難しい。深く考えることと論理を追求することは、一見別物に見えるが、結びついているように思う。
日本人だから仕方が無いといって片付けてしまうか、あるいは、直るものでもないからあえて変える必要はないと開き直るべきか・・・。悩みどころだ。

e0075624_1243975.jpg
↑大学の裏にある公園にて、奥に見えるのは調布飛行場
[PR]
# by gonta_i | 2006-02-09 12:57 | 日常
今日は中学までの地元の同級生、エルメスと久しぶりに会って飲んだ。(エルメスのブログは、リンクを参照)

ボクはといえば、方言と共通語のどちらで話そうかとか、今のあだ名か中学時代のあだ名で呼ぶかで迷った。

「なんかかんか(=なにかしら)」が方言とは、指摘されるまで気がつかなかった。
それにしても、楽しかった!

あの頃と、なにぶん変わりなく話ができたのがよかった。
[PR]
# by gonta_i | 2006-01-31 03:46

幸田文 『木』

幸田文.『木』 新潮文庫,1995. 2006-01-28読了.

読後感想

「木」について綴った短編物のエッセイ集。
高校の現代文の教科書で、この本に収められている「ひのき」、「材のいのち」を読んだことがあった。そのときの記憶が頭の隅に残っていて、幸田文の本を一冊読みたいと思っていた。

感想としては、エッセイごとに面白いのと、面白くないものの差が大きかった。
全体的に文章が引き締まっているように感じた。独特の言葉遣いをしているからだろうか。
だから、木にたいする「かわいそう」「せつない」といった主観が書かれていても、違和感をあまり感じなかった。
[PR]
# by gonta_i | 2006-01-30 15:45 | 読書感想

土日

今週の土日の行動

*土曜

夕方、サークルの卒業生を送る会に参加。新宿のロシア料理店にて。

ボルシチ、ピロシキ、サラダ、壷焼き、ベリーアイス、ロシアンティー。どれも、おいしく、体が温まる料理だった。

周りはロシア・東欧の言語を専攻している人や、ウズベキスタンに留学していた人がいたので、一つ一つ出てくるものがどういう料理なのかを教えてもらいながら味わうことができた。

そして、なによりおいしかったのは、 「卒業生タダ」という待遇。
おまけに、花束とカラオケ株主招待券2000円分までいただいてしまった。後者は意味不明に思われるだろうが、とにかくありがたい食事会だった。


*日曜

午後から池袋へ遊びに誘われる。ゲーセンで遊ぶ。
宿題とレポートをすっぽかした。明日やるとしよう
[PR]
# by gonta_i | 2006-01-30 01:15 | 日常

行方不明となった犬

命 の 交 換

暇つぶしに、エクサイトブログを漂っていた。

と、上のブログにたどり着いたとき、思わず「アッ!」と声を上げてしまった。

というのは、バリの「お父さん・お母さん」(と呼んでいる僕の知り合い) の家で飼っていて、最近行方不明になったというピコに、そっくりな犬が道端で佇んでいる写真が載っていたからだ。
e0075624_14324036.jpg
e0075624_14361614.jpg

いずれも、3年前の写真。白い犬が「ピコ」、7歳のオス。写真に写っている人は、「お父さん」の甥にあたる人。
ドライブしていたときに、車の窓から飛び出してしまったそうだ。
「お父さん」は、12月下旬に話したとき、自分のせいだといって沈んでいた。この夫婦には子どもがいないので、飼っている犬たちをとてもかわいがっていたのだ。
e0075624_14372317.jpg

ちなみに、ボクは大の犬好きだ。

よく考えてみれば、時期が違うだろうし、場所もよく知らないから、まさかね・・・。でも、なんか感傷的な気分になってしまう。
でも、万が一、この犬がピコだったとしたら(そうでなくても)、手を差し伸べてくれたbaik2さんに感謝します。baik2(善良な)方の施しを受けて、この犬はひとときの幸せを味わったのではないでしょうか。
[PR]
# by gonta_i | 2006-01-28 14:32 | インドネシア

いろいろ

ナンだろう?

最近更新が滞っていた。
特に、書くことがないので、今日あったことを日記風に綴る。

*迷惑メールが最近また多くなった。しらみつぶしに削っているが鬱陶しい。

*学校帰りに、会いたくない知り合い(♀)に出会う。貸していた大事な2冊の本を1年ぶりに返してくれた。何度も催促してやっとのことだった。
でも返してくれたのは1冊だけ。しかも、返してやったぞ的なオーラを漂わせている。これまた鬱陶しい。もう1冊をすぐに返すといっていたが、信用できない。

*家で、メールをチェックするとインドネシアの友人(♀)から便りが入っていた。
内容はいたってくだらない。
ボクの写った写真を、女の子友達で見ていたら(おいそこ!勝手にそういうことしない!)、韓国のウォンビン(Won Bin)に似ているんじゃないかという話になったらしい。以前からだが、どうもボクは外国人に韓国人と見られることが多い。
普段テレビのみない僕は気になって、グーグルでイメージ検索試みた。
これなら見たことのある顔だ。
てか、似てない・・・(凹むべきか、喜ぶべきか、よく分からない)
[PR]
# by gonta_i | 2006-01-25 23:45 | 日常