ゴンタ                気ままな日記です。


by gonta_i
カレンダー
by gonta_i | 2005-12-31 10:07 | その他

サイババの勝手なんです

今年、これがいちばん笑えました。笑う門に福来たり。今年も笑って一年を終わりましょう。

サイババの勝手http://www.geocities.jp/oresama_ism/movie/the_guru.wmv

http://youkan.sakura.ne.jp/museum/movie/175.html
(1月9日現在、クリックして出る確率は6割程度です。)
(友達のごとうくんに教えてもらいました。感謝)

記者「(定説主義者になられたのはいつですか?)」
ザ・グルこと、高橋ライフスペース代表「サイババに出会ってすぐです。」
記者「(っていうのはどれぐらい前ですか?)」
ザ・グル「6000年です。」
記者「(サイババさんとお会いになっていたんですか?)」
ザ・グル「もちろん、お会いというより直弟子ですから。」
記者「(高橋さんはどうしてサイババさんの後継者だったり、友達だったりと言うわけですか?)」
ザ・グル「そうだからです。」
記者「(サイババさんのほうは否定していますが。関係がないと。)」

ザ・グル「・・・・。」

ザ・グル「 いいですか、それはサイババの勝手なんですよー! 」 (記者たちの爆笑)

ザ・グル「ドイツ最高裁の判決文、それが今では定説です。」
ザ・グル「イギリスでは、グルのことをザ・グルといいいます。インドに近いものですから。」 (近くねーし)
ザ・グル「パワーが高ければ、歯など磨く必要はない。なぜなら、口臭が起きない。
お風呂に入ることはない。なぜなら、汚れない。」
ザ・グル「私は何も食べなくても死なないというのは聞こえなかった?
あなたむちゃくちゃですね。」
ザ・グル「あなた今私が話したことが分からない?どーしようもないですねぇ。」



シャンクティー・パッド!シャンクティー・パッド!シャンクティー・パッド!

最高ーですかー? (これは、別のオカルト集団代表の発言)

そうはイカン○○!!! (これは・・・!?、もう全部サイババの勝手なんです)
[PR]
by gonta_i | 2005-12-30 19:06 | 面白動画

姪っ子

実家に帰って、先月生まれたばかりのボクにとっては初となる姪っ子(兄の長女)に会いました。

すごくかわいいです。ずっと見ていても飽きないですから。
e0075624_9235826.jpg
名前は、「はな」ちゃんです。パパが漢字、ママがカタカナの名前なので、間をとってひらがなの名前となりました。岐阜、沖縄、アメリカの血が混じっています。
だから、きっとかわいい女の子になるだろうと、おじさんは勝手な期待をしています。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-30 09:22 | その他

帰 省

おととい帰郷しました(今は自宅のパソコンを使っています)。
実家のある岐阜は1週間前に降った雪がまだ残っています。
e0075624_10531841.jpg

(写真は、今朝犬の散歩に行ったときのものです。近所の公園にて)

寒い!

そういえば、卒論を書くために東京から持ってきたノートパソコンのモニターが壊れました。修理には1ヶ月かかるとのこと。 卒論提出期限にまでは間に合わないことが判明。よりによってこんな時に壊れるとはーーー! まいいか。なんとかさせよう。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-30 08:48 | 日常

集中講義など

ここ5日間ほど、調布に住む知り合いのお宅にホームステイをしました(理由は後述)。

うち3日間は大学での集中講義で朝から夕方まで大学に出掛けていました。
なんと、集中講義は12月23,24,25日という日程。
教職なので、サボるにサボれず、仕方なく3日間大学に通いました。日程が連休&クリスマスと重なっていたので、みんな不満ブーブーでした。

ホームステイしたお宅は、建築士とだけあってさずがという素敵さでした。
e0075624_22204477.jpg
写真は玄関方向の通路を撮ったところ

2年前に一年間日本に滞在していたインドネシア人(バリ人)の友人(といってもかなり年上)が大学の用事で一週間来日し、東京では知り合いのお宅に滞在していました。そこでボクも5日間を一緒に過ごさせてもらいました。

この方は新潟に行って大停電に遭遇したりと、大変なこともありましたがなんとか今日バリに無事に帰国したので安心しました。
ボクとしては、修士課程での研究についてのアドバイスをたくさんもらえて不安を軽くすることができました。春休みにバリに行くと約束してしまったので、なんとかお金と時間をやり繰りして行きたいものです。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-27 21:55 | 学校

大学の合併

うちの大学の姉妹校の大阪外大が阪大と合併するというニュースが1週間くらい前の新聞に載っていた。
きのう大阪外大に勤務する先輩に会う機会があったので、このことを聞いてみたら、内部ではまだ決定した話ではなかったと言っていた。それを朝日新聞にすっぱ抜かれてしまい、関係者は肩透かしを食らったそうだ。
でも特に法人化後、大阪外大は金銭面でかなり苦労しているとのことで、両者の内部に反発もあるようだが、合併の可能性は高いとのこと。

うちの大学も他大学と合併するという噂が流れたりしたが、とりあえずどことも合併する見込みはない。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-27 20:13 | その他

冬 至

今日は、冬至。一年でいちばん夜の長い日です。
ゆず風呂にでもつかってゆっくりしたいものです。

今日の昼から出掛けるので、ブログの更新は当分の間ストップします。27日に戻り、翌28日に帰省する予定です。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-22 08:37 | 日常

郷 愁

ふと、じいちゃん、ばあちゃんのことが気になり、電話をした。
もう、かれこれ2年以上会っていない。

子どものころは、夏休みと冬休みにいつも遊びに行っていた。
この母方の祖父母の家は、紀伊半島の山奥にある。かなりの田舎だ。
子どものころは、兄弟やいとこらと一日じゅう川で泳いだり、山を探検したものだった。
ボクに自然に対する感受性があるとすれば、その多くはここで培われたといってもいいだろう。(しかし、最近都会がだんだん嫌になってきた理由も、なかなか抜けない田舎魂のせいかもしれない。)
e0075624_1823455.jpg

ボクの実家は、名古屋の通勤圏となって宅地開発が進んだ。田畑をつぶしながら雨後の筍のように家が建ち並んでいったところだから、もはや田舎の面影はなく、東京から帰省しても故郷に帰ったという感情があまり湧かない。
だから、ここを思い出すたびにノスタルジックな気分に浸ってしまう。今日も、なにか考えごとをしていたときに、ふとこの田舎を思い出して電話をかけてしまった。

じいちゃんは、いつものように夕方から酒を飲み、ばあちゃんは内職をしていた。二人とも元気だった。

来年からは、ボクは東京から京都へ引っ越すから、じいちゃん・ばあちゃんの家もずいぶんと近くなる。来年の夏辺りにでも、避暑と研究のための勉強を兼ねて、1ヶ月くらい行ってこようかと思っている。
今度遊びに行っても、もはやあの頃のように遊びまわることはないだろう。
でも、ガキの頃の感性というものは大人になっても大切にしたいものだ。

e0075624_1823121.jpg



←2年半前に遊びに行ったときの写真。
奥に見えるのが、築80年はあろうかという祖父母の家。
子どものころは、この砂防ダム(高さ3メートルくらい)からよくダイブした。
川の水は冷たいけれど、透き通っていてすごくきれいだ。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-21 18:08 | 日常

報 告

このブログを見てくれた寮や大学の友達の何人かから、最近「えっ、卒業したら京都へ移るの?」と聞かれました。

実は、向こうの結果は出ていたんだけど、今いるG大の結果が出ていなかったので、移るか残るかでいろいろ迷ってました。
決めかねていたので、この話はだれにもしてませんでした。どっちに転ぶか五分五分だったので。

でも、いろいろな事情があって移ることになりました。いちばん大きいのは、向こうの大学にボクのテーマで指導できる先生がみつかったということです。来年から赴任されるそうで。

きのうG大の最終結果発表がありました。いまついている先生はかなりいい人なんで、名残惜しいです。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-21 17:46

ひ げ

最近、ふと気になる。ひげの存在が。

実は、僕、ないんです。
どうして自分はこの年になってまだひげが生えないんだろう?って気になる。
同年代の男をみると、ひげが生えていない人はほぼいないから。

ひげが生えるのが遅いというのは、うちの一家(♂)には共通した特徴であるようだ。父は20代後半まで生えてこなかったと言っているし、ボクの2人の兄は20代後半なのにまだ薄くしか生えていない。
2番目の兄(次男)なんて、高校生のときどうしてもひげを生やしたいとかいって、ホルモンの入った薬液を顎に塗っていた。

今思うと笑い話だ。

でも人というのは他人にあって自分にないものを求める性質があるからこうなるのも仕方がない。ボクだってときどきひげをうらやましく思う。それに、自分はもみ上げも薄いから、濃いもみあげを見ると疎ましくさえ思うときがある。
ときどきお情け程度に生えている薄い毛を暇つぶしに爪先で抜いているが、焼け石に水で、ほとんど効果がない。

ところで、長兄には最近生まれた娘がいるが、もうすこし大きくなったときに兄のひげがまだ薄かったら、顔を擦りつけても「パパいたいから嫌」なんて言われないのだろう。そう考えると悪くもない。
ま、一長一短ですな。
(以上ミクシィからの転載文です。)
[PR]
by gonta_i | 2005-12-18 23:33 | 日常