ゴンタ                気ままな日記です。


by gonta_i
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
by gonta_i | 2006-01-30 01:15 | 日常

いろいろ

ナンだろう?

最近更新が滞っていた。
特に、書くことがないので、今日あったことを日記風に綴る。

*迷惑メールが最近また多くなった。しらみつぶしに削っているが鬱陶しい。

*学校帰りに、会いたくない知り合い(♀)に出会う。貸していた大事な2冊の本を1年ぶりに返してくれた。何度も催促してやっとのことだった。
でも返してくれたのは1冊だけ。しかも、返してやったぞ的なオーラを漂わせている。これまた鬱陶しい。もう1冊をすぐに返すといっていたが、信用できない。

*家で、メールをチェックするとインドネシアの友人(♀)から便りが入っていた。
内容はいたってくだらない。
ボクの写った写真を、女の子友達で見ていたら(おいそこ!勝手にそういうことしない!)、韓国のウォンビン(Won Bin)に似ているんじゃないかという話になったらしい。以前からだが、どうもボクは外国人に韓国人と見られることが多い。
普段テレビのみない僕は気になって、グーグルでイメージ検索試みた。
これなら見たことのある顔だ。
てか、似てない・・・(凹むべきか、喜ぶべきか、よく分からない)
[PR]
by gonta_i | 2006-01-25 23:45 | 日常

インフルエンザ

インフルエンザにかかりました。A型とのことです。

卒論の疲れからだとおもいます。

昨晩は39.5℃まで体温が上がりました。

けれど、昨今話題になっている、タミフルという薬のおかげで、かなり楽になりました。
今朝は37℃まで体温が下がりました。
この薬は、諸刃の刃で、インフルエンザに対してかなり有効なようですが、副作用として腹痛、下痢、吐き気、発疹が現れ、まれに精神神経系まで及びその場合、妄想、幻覚が見える、意識がなくなる、といった症状もあらわれるそうです。

病院でも、副作用についての説明を受け、再三「それでも(処方して)いいですか」ときかれました。

きのうは、インフルエンザにかかっているとも知らずに大学に行ってました。まったくアホです。

いま、ボクはバイキンマンです。
とにかく、完治するまでは部屋に籠って周りにうつさないようにします。

追記: 2006-01-20 7:45pm
体温が平熱近くまで下がりました。喉の痛み以外は、普通と変わらない感じです。
ちょうど一日前は、39℃の熱で喘いでいたとは信じられない治りようです。
[PR]
by gonta_i | 2006-01-20 09:37 | 日常

沈没中

パソコンに引き続き・・・、

今度は、プリンター が壊れました。

もうギャグで済まんし。よりによってこんな時に突然壊れるとは。

ということで、

プリンターメーカーに勤め、プリンターの製造部門で働く父に電話で聞いてみた。(もちろん、プリンターは社内販売で買ったもの)

「異常ないのに、紙が真っ白で出てくるなんてありえんわ。そんなん聞いたことがない。」と。
なんと、原因不明。

ありえんなんて・・・。実際に起こっているのだから、「ありうる」んだよー。

ということで、パソコンとは違い、復旧の見通しはたたず。

今日は、指導教官の先生にキツイコメントをもらうし。
もう、泣きっ面に蜂だ。

卒論提出期限まで、あと6日。

あと、10ページほど書かないといけない。
道のりはまだ遠い。

でも、やるしかない。1週間後に開放感を味わっている自分の姿を思い浮かべながら。
[PR]
by gonta_i | 2006-01-11 22:27 | 日常

太った・・・

現在の体重、67キロ。

1ヶ月前(=12月上旬)の体重、64.5キロ。

1ヶ月で2.5キロも太った。その原因は明らかだ=年末年始の帰省中に、暴飲暴食を重ねたから。鏡に映った自分の顔を見ると、ちょっとぽっちゃりしたように見える。

ま、仕方がない。
冬に太り夏に痩せる、というのがボクのからだのパターンだから、そのうち元に戻るだろう。



ところで、
いま、ボクの机の上には、好物のベビースターラーメンがある。

うんん

ベイちゃんとの睨み合いは続く・・・
e0075624_20184673.jpg

悔しいので、ベイちゃんの顔に落書きをしてやりました。

おっ、ベイちゃん、やたらとデコが光ってますねえ。

・・・てか、こんなくだらんことしとる場合じゃねぇ
早く卒論やっつけろ
[PR]
by gonta_i | 2006-01-08 20:19 | 日常

帰 省

おととい帰郷しました(今は自宅のパソコンを使っています)。
実家のある岐阜は1週間前に降った雪がまだ残っています。
e0075624_10531841.jpg

(写真は、今朝犬の散歩に行ったときのものです。近所の公園にて)

寒い!

そういえば、卒論を書くために東京から持ってきたノートパソコンのモニターが壊れました。修理には1ヶ月かかるとのこと。 卒論提出期限にまでは間に合わないことが判明。よりによってこんな時に壊れるとはーーー! まいいか。なんとかさせよう。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-30 08:48 | 日常

冬 至

今日は、冬至。一年でいちばん夜の長い日です。
ゆず風呂にでもつかってゆっくりしたいものです。

今日の昼から出掛けるので、ブログの更新は当分の間ストップします。27日に戻り、翌28日に帰省する予定です。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-22 08:37 | 日常

郷 愁

ふと、じいちゃん、ばあちゃんのことが気になり、電話をした。
もう、かれこれ2年以上会っていない。

子どものころは、夏休みと冬休みにいつも遊びに行っていた。
この母方の祖父母の家は、紀伊半島の山奥にある。かなりの田舎だ。
子どものころは、兄弟やいとこらと一日じゅう川で泳いだり、山を探検したものだった。
ボクに自然に対する感受性があるとすれば、その多くはここで培われたといってもいいだろう。(しかし、最近都会がだんだん嫌になってきた理由も、なかなか抜けない田舎魂のせいかもしれない。)
e0075624_1823455.jpg

ボクの実家は、名古屋の通勤圏となって宅地開発が進んだ。田畑をつぶしながら雨後の筍のように家が建ち並んでいったところだから、もはや田舎の面影はなく、東京から帰省しても故郷に帰ったという感情があまり湧かない。
だから、ここを思い出すたびにノスタルジックな気分に浸ってしまう。今日も、なにか考えごとをしていたときに、ふとこの田舎を思い出して電話をかけてしまった。

じいちゃんは、いつものように夕方から酒を飲み、ばあちゃんは内職をしていた。二人とも元気だった。

来年からは、ボクは東京から京都へ引っ越すから、じいちゃん・ばあちゃんの家もずいぶんと近くなる。来年の夏辺りにでも、避暑と研究のための勉強を兼ねて、1ヶ月くらい行ってこようかと思っている。
今度遊びに行っても、もはやあの頃のように遊びまわることはないだろう。
でも、ガキの頃の感性というものは大人になっても大切にしたいものだ。

e0075624_1823121.jpg



←2年半前に遊びに行ったときの写真。
奥に見えるのが、築80年はあろうかという祖父母の家。
子どものころは、この砂防ダム(高さ3メートルくらい)からよくダイブした。
川の水は冷たいけれど、透き通っていてすごくきれいだ。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-21 18:08 | 日常

ひ げ

最近、ふと気になる。ひげの存在が。

実は、僕、ないんです。
どうして自分はこの年になってまだひげが生えないんだろう?って気になる。
同年代の男をみると、ひげが生えていない人はほぼいないから。

ひげが生えるのが遅いというのは、うちの一家(♂)には共通した特徴であるようだ。父は20代後半まで生えてこなかったと言っているし、ボクの2人の兄は20代後半なのにまだ薄くしか生えていない。
2番目の兄(次男)なんて、高校生のときどうしてもひげを生やしたいとかいって、ホルモンの入った薬液を顎に塗っていた。

今思うと笑い話だ。

でも人というのは他人にあって自分にないものを求める性質があるからこうなるのも仕方がない。ボクだってときどきひげをうらやましく思う。それに、自分はもみ上げも薄いから、濃いもみあげを見ると疎ましくさえ思うときがある。
ときどきお情け程度に生えている薄い毛を暇つぶしに爪先で抜いているが、焼け石に水で、ほとんど効果がない。

ところで、長兄には最近生まれた娘がいるが、もうすこし大きくなったときに兄のひげがまだ薄かったら、顔を擦りつけても「パパいたいから嫌」なんて言われないのだろう。そう考えると悪くもない。
ま、一長一短ですな。
(以上ミクシィからの転載文です。)
[PR]
by gonta_i | 2005-12-18 23:33 | 日常

一足はやい忘年会

きのうはサークルの忘年会があった。

来ていた人たちは、みんな一世代上の人たちで、ボクはいちばん年下だった。

店はすごく込んでいて、いろいろな意味で大変だった。
まず、注文したものがぜんぜん来ない。先輩たちの注文をとって、なかなか来ないから「注文したものがまだ来てないんです。」と何回も言う羽目に。
店員の忙しさを見ると申しわけない気持ちにもなったが、立場上仕方がなかった。

次に、注文したものと違うものがくる。
例えば女の先輩が、「ピンクグレープなんたらサワー」をたのむ → なぜか生ジョッキが来る → だれも飲まないので、仕方なくボクが処理。
名前が長い飲み物注文するとこんな感じになって、お陰でビールを何杯も飲む羽目に。

結局、3次会までついていき、家には0:30に到着。バタン、キュウ!
出費は5000円!先輩と飲んだのに…。イタイ!社会人の先輩におごってもらえるかな、なんて淡い期待はもつべからず!

翌朝、喉が渇いて5:45に目が覚める。その後、眠れず、現在に至る。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-18 09:59 | 日常