ゴンタ                気ままな日記です。


by gonta_i
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
by gonta_i | 2006-01-31 03:46

報 告

このブログを見てくれた寮や大学の友達の何人かから、最近「えっ、卒業したら京都へ移るの?」と聞かれました。

実は、向こうの結果は出ていたんだけど、今いるG大の結果が出ていなかったので、移るか残るかでいろいろ迷ってました。
決めかねていたので、この話はだれにもしてませんでした。どっちに転ぶか五分五分だったので。

でも、いろいろな事情があって移ることになりました。いちばん大きいのは、向こうの大学にボクのテーマで指導できる先生がみつかったということです。来年から赴任されるそうで。

きのうG大の最終結果発表がありました。いまついている先生はかなりいい人なんで、名残惜しいです。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-21 17:46
今週の『ニューズウィーク日本版』は、皇室の存在の是非をトピックとして扱っていた。
表紙に、「皇室は本当に必要か」と書かれていたのに驚いて読んだが、書かれていることがやや過激で、ストレートすぎたのでたまげた。
海外誌だから、日本のマスコミが深入りして扱えないことを、ここまで書けるのだろう。

それにしても、この雑誌が発禁になりはしないだろうか心配になってしまったほどだ。
この雑誌がどういうイデオロギーに基づいているかはどれか一冊手にとって読めば分かるが、今回のトピック記事にはそれが前面に出ていたような気がする。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-06 14:49

言葉バトン

○言葉バトン○
ヤッキさん(大学の知り合い)のブログから拾ってきました。

1:好きな言葉は?
「そら」、「ありがとね」

2:あなたの口癖は?
「えーっと」、「じゃ、また」
  
3:あなたにとって最大の褒め言葉は?
「それ、おもしろい」

4:普段、出来るだけ使わないようにしてる言葉は?
汚い言葉は使わないようにしている。あと、「さいてー、さいあく」ってのも使わないかな。

5:最近、言われて一番腹が立った言葉は?
学園祭にて、「おまえ、なにモタモタしてんだよ!さっさと仕事やれ!」

すごく忙しいときで、しかもお客さんがいる面前でだったので、かなり腹が立ちました。そのときビール瓶を持ってたので、ブチ切れてたら危なかった(ホッ)。 腹立ち度60%です。

6:一度言ってみたいが、きっかけが無かったり。
a.「でれえれー」 (美濃弁)(共通語=「すごくつかれた」)
b.「うちの子供が、・・・」(将来自分に子どもができたとしたら、子煩悩になりそうな予感。)

7:普段何気なく使ってるけど、実はあまり意味を理解してない言葉は?
「びみょー」

8:普段の生活において、思った事の何%くらいの言葉を実際出してる?
2〜3割くらいだと思う。実際出す言葉は、けっこう気をつけています。「口は災いのもと」ですから。

9:面と向かっては言えないけど、メールでなら書ける事ってどんな事?
メールで長文書かない人なので、特にない。メールの文体は会話言葉と書き言葉の中間くらいだと思う。

10:プロポーズとして、言いたいor言われたい言葉は?
自主規制。だって、プロポーズの言葉って、一人の人だけに言うものだから。もったいないような気がして、ここには書けません。

11:今日で死ぬとしたら、誰に何を言いたい?
みんなに「ありがとう」。

12:人生の中で「ありがとう」と言った数と言われた数は?
言われた数・・・数え切れない
言った数・・・星の数ほど

13:現時点で最後に発した言葉は?
「ヘック、ション!」 (←音が出ていたので)

14:あなたにとって言葉は?
コミュニケーションのための道具

15:このバトンを誰に渡す?
okirakumainoさん

だれでももらっていってください。喜んで差し上げます。
[PR]
by gonta_i | 2005-12-05 19:34

院試面接

今日は、うちの大学の大学院入試二次試験があった。

実は、二次試験の用意をほとんどしていなかった。理由は二つ。
一つは2日前に終わった学園祭の疲れがひどかったのと、もう一つは事前に提出した研究計画書にまったく自信がなかったから。

面接は11:10~だった。
行きの電車の中で計画書を見直していたら、隣に座っていた女の人がいきなり声をかけてきた。なんと、彼女も同じ大学院の二次試験を受けに行く途中だった。アルバニアの歴史研究をしたいとのこと。彼女の計画書を見せてもらったが、すごくしっかり書けているように見え、かえってさらに自信をなくしてしまった。

10:55に大学に着き、控え室で待っていたら、11:15に5分遅れで呼び出しがかかった。面接室に行ったら、部屋の前で面接官の先生3人(教授2人、講師1人)が待ちながら雑談をしていた。

面接官は主査が今の指導教官(古典文学)、副査の二人の先生は文化人類学と歴史学が専門。
面接内容は予想していた通り、計画書について。

ボクが出した計画書は、誤字脱字のオンパレードで、しかもまとめがたったの6行という致命的な欠陥があった。だから、先生方からは非難の集中砲火を浴びることだろうと予想していた。
しかし、面接ではボクの予想に反して、お叱りのコメントはほとんどなく、むしろこれからの方向性をいろいろ指摘してもらった。さらには、計画書が「よく書けている」と賞賛のお言葉まで頂戴してしまったので、計画書には到底納得していかなかったボクは、正直むずかゆい思いをした。

最後に主査の指導教官から、「本末転倒な研究にならないよう、がんばってください」と言われ、面接は終わった。既に合格が決まっている他大への進学をほぼ決心しているボクとしては、先生方への申し訳ないという思いがやまなかった。

→ 「二つのホッ」
[PR]
by gonta_i | 2005-11-26 22:24

2つのホッ

今日は、前日書いたとおり、一次試験の結果発表があった。
結局、知り合いも自分も通っていて、ホッとした。きのうの不安は杞憂に終わった。

一次試験は、9割以上が通っていた。うちの大学も捨てたもんじゃないね。

問題は、来週水曜日までに提出しなければならない、「研究計画」なる小論文。
指定、12,000字程度。
やべー。大学に入ってから一気にこんなにたくさん書いたことがないよー。


実は、この研究計画を書くためにどーうしても必要な文献をまだ入手していない。調べたところ、この文献は京都大学と南山大学にしかない。(ボクのテーマがややマイナーなので)

行くなら、月曜日午前中。
東京から名古屋の南山大学まで、半日で行って帰ってくるための綿密な計画を立てた。(=東京発・朝6時の新幹線に乗り、8時半に南山大学に着く。本を借り、また新幹線で東京に戻り、JRを乗り継いで午後1時からの講義に滑り込みセーフ)
ざっと往復新幹線代約2万円也。

インドネシアの現地価格で500円もしない本を借り、コピーするための2万円以上の出費!!! しかも、使うのは全体400ページのなかの20ページほどだけ。

はっきり言って、アホらしい。

そこで、代案。親に頼んで、明日(土曜日)南山大学に行ってもらい、本を借り、速達でボクに送ってもらう。自宅から南山大学までは、電車で1時間弱の距離。
おお、素晴らしい。
この案を思いついたのはほかならぬ親だった。

部外者にも本を貸してくれる南山大学と、名古屋まで足を運んでくれる親に感謝×2
いやー、2万円の出費が省けてほんと良かった。ホッ

ということで、来週の水曜日までは、ブログの更新は1,2度しかできないと思います。それでは、また。
[PR]
by gonta_i | 2005-11-12 00:39

院試(一次試験)

今日は、今いる大学の大学院の一次試験があった。

来年度からコースの改組がおこなわれることになっていて、日本語教育、言語情報、国際協力、文化文学などいろいろなコースができた。ボクが受験したのは、地域研究コース。

地域研究コースの一次試験の科目は、外国語2つだけ。

11:00~12:00 言語第二(100点)
13:00~15:00 言語第一(200点)

それぞれ選択できて、ボクは第二言語として英語、第一言語としては○○○語を選択した(同コースでこの言語の選択者は一人だけなので伏せます。ゴンタを知っている人なら容易にわかるでしょうが)。
不安は、英語。
過去問(2年分がコピー可能)を解いたのだが、むちゃくちゃ難しい。大問が2つで、本文を全訳するというもの。解答はないが、もうほんとにボロボロの出来だった。
TOEIC930点、英検1級を持つ先輩が「あれは難しかった」と言ったぐらいだから、できなくて当然と高を括っていた。
しかし、今年は全訳から設問へと形式が大幅に変わったうえに、問題がかなり易しくなっていた。はっきりいって、この大学の学部入試の英語の問題のほうが難しいと言っていいくらい。15分も時間があまり、しっかりと見直しまでできた。

昼休みに、○○○語の先生とコンビニで会う。この先生が問題製作者であることは暗黙の了解。だから、挨拶を交わしただけで先生は足早に立ち去っていった。ボクが内容を尋ねることを恐れたのだろう。(この先生とはよく飲む仲だから)

そして、○○○語の試験。2年間の過去問題を解いた感触では、かなりできていた。
しかし、今年の問題は難しくなっていた。
分からなかった単語の数はざっと過去問の2~3倍。

ボクは、二次試験を辞退する可能性があるし、すでに一度他大を受験している(→「受験1日目」)ので、今日の試験はそこまで緊張しなかった。二次試験の前に出す研究計画書12,000字が大変だから今から始めないといけない。
[PR]
by gonta_i | 2005-10-22 18:12

受験1日目

かなりプレッシャーのかかった大学院の試験(一次・二次)が今日終わりました。

試験が終わって、いまは、ホッとしているけれど、結果が出るまでは正直不安が残ります。

ここでは、きのう、今日と続いた試験について報告したいと思います

まずは、1日目。

実は、前日に帰省し、試験は二日とも実家のある岐阜から受験地の京都市内まで朝いちの新幹線で行きました。

集合時間が8:30AMだったので、朝5時起床。夏休みは、不規則な生活が続いていたから、しんどかった。

朝6時半の始発に乗る。新幹線はやっぱり速い、40分で京都駅に到着、そこから地下鉄などを乗り継いで、試験会場に着いたのが8:10AM。すでに10人以上いたが、みんなノートを開いたりして勉強していたので、嫌気がさしてボクはトイレに直行。集合時間5分前に集合し、試験室へ。

一次試験の科目は英語と専門科目。配点は100点×2。

9時に英語の試験開始。試験時間は90分。
実はここの過去問を4年分解いておいたのだが、時間内に終わったのは1回だけ。
だから、開始早々、全速力で問題を解く。10:27頃に解答終了。
よし、時間内にできたぞ!と思って軽く見直しをする。しかし!

自分で書いた文字がだだくさすぎて読めない(´ロ`)/汗汗。

なんてこった。仕方なく、そのまま提出。

30分の休憩を挟んで、次は専門科目の試験。120分。

問題は何年か前の過去問とほぼ同じ。1600字以内の作文。
えっ、1600字!みっちり書けば原稿用紙4枚分。
見た瞬間に、そんなにも書けんわ!と思って焦る
結局初めの1時間は書く内容を練っていて筆が動かず、時間に追われるように書き出す。
朝ドリンクを飲んだの(利尿作用大)と、緊張のせいで、どうしようもなくトイレに行きたくなる。トイレに行けば時間を損すると思って我慢することに。
しかし、結局は気が散って集中力が続かず、逆効果だった。

残り15分でまだ800字過ぎたあたりで、激ヤバ。
結局最後は英語の試験以上の走り書きで、1200字弱書いたところで、「解答やめ」の合図。
やはり、詰めの甘い作文になってしまったと時間配分を悔やむことに。

帰りの電車の中では、あそこがまずい、あそこが間違っとるというのが次々と出てきて、かなりヘコむ(´ロ`) さらに、朝から緊張しつつけていたのと、長時間の試験せいで、疲れ方がひどい。

しかもつらいのは、一次試験の結果は次の日(つまり今日)の朝8:30貼り出しで、合格者はそのまま二次試験の面接を受けるのだが、ダメだった人はその場でおしまい。
わざわざ京都まで行って、試験結果だけみて帰ることになってしまったら、こんなにアホらしいことはないのである。

「受験2日目」
[PR]
by gonta_i | 2005-09-30 20:21

受験2日目

2日目。

今日も朝5時起き。岐阜羽島から始発のこだまに飛び乗る。

会場の研究所には8時過ぎに到着。8時半、きのうの一次試験の結果発表。
自信はない。番号がなくてそのままトンボ帰りとなるのも惨めだし、通ったとして面接を受けるのも気が重い。やりきれなくなる。

あった、張り出しを見たら自分の番号があった。
とりあえず、よかった、ホッとした。そのまま面接へ。

しかし、またこの二次試験の面接がしんどい。
面接は1対教官全員(15~20人)の圧迫面接。時間は15分間。
自分の面接時間の30分前から会場教室近くで待っていたが、
部屋から出てくる人はみんな顔面蒼白、相当突っ込まれたようだった

自分の番がきた。覚悟をして、面接室へ。

入るとやはり、自分を囲むように先生方がズラリと座っていた。見たところ、助教授以上の教官が17,8人ほど。
緊張はほぐれていたが、全員に睨まれているような脅迫感があり、かなり固まる。自己紹介で始まったが、言葉がどもってしまった。

結論を先から言うと、面接はまあまあの手ごたえ。質問してほしいことを、教官がきいてくれた(つまり命中)のと、聞かれて分からないことは知ったかぶりをせず、「分かりません。それは今後の課題としたいです。」と答えておいたのがよかったようだ。
あと、コンタクトはつけず、わざと度の狂った眼鏡をかけていったため、遠くに座っている面接官の先生たちの顔がよく見えず、中盤以降はほどよい緊張のなかで質問に答えられた。

とりあえずは、こんな感じ。最終結果発表は、10月6日だが(早っ!)、どういう結果でも自分の実力だから素直に受け入れようと思っている。
e0075624_2037851.jpg
↑一次試験の結果貼り出し(47)
---
追記 2005-10-06:
今日の夕方、二次試験の結果発表がありました。
母親が観光がてらに見に行っていました。夜、実家に戻った母(携帯を持っていない)から電話があり、合格していたとの報告を受けました。
ボクを応援してくれたすべての人に感謝します。
[PR]
by gonta_i | 2005-09-30 20:18

帰省

今日から少々の間、帰省します。
大学院受験のため。
[PR]
by gonta_i | 2005-09-27 01:06