ゴンタ                気ままな日記です。


by gonta_i
カレンダー
by gonta_i | 2005-09-30 20:21

受験2日目

2日目。

今日も朝5時起き。岐阜羽島から始発のこだまに飛び乗る。

会場の研究所には8時過ぎに到着。8時半、きのうの一次試験の結果発表。
自信はない。番号がなくてそのままトンボ帰りとなるのも惨めだし、通ったとして面接を受けるのも気が重い。やりきれなくなる。

あった、張り出しを見たら自分の番号があった。
とりあえず、よかった、ホッとした。そのまま面接へ。

しかし、またこの二次試験の面接がしんどい。
面接は1対教官全員(15~20人)の圧迫面接。時間は15分間。
自分の面接時間の30分前から会場教室近くで待っていたが、
部屋から出てくる人はみんな顔面蒼白、相当突っ込まれたようだった

自分の番がきた。覚悟をして、面接室へ。

入るとやはり、自分を囲むように先生方がズラリと座っていた。見たところ、助教授以上の教官が17,8人ほど。
緊張はほぐれていたが、全員に睨まれているような脅迫感があり、かなり固まる。自己紹介で始まったが、言葉がどもってしまった。

結論を先から言うと、面接はまあまあの手ごたえ。質問してほしいことを、教官がきいてくれた(つまり命中)のと、聞かれて分からないことは知ったかぶりをせず、「分かりません。それは今後の課題としたいです。」と答えておいたのがよかったようだ。
あと、コンタクトはつけず、わざと度の狂った眼鏡をかけていったため、遠くに座っている面接官の先生たちの顔がよく見えず、中盤以降はほどよい緊張のなかで質問に答えられた。

とりあえずは、こんな感じ。最終結果発表は、10月6日だが(早っ!)、どういう結果でも自分の実力だから素直に受け入れようと思っている。
e0075624_2037851.jpg
↑一次試験の結果貼り出し(47)
---
追記 2005-10-06:
今日の夕方、二次試験の結果発表がありました。
母親が観光がてらに見に行っていました。夜、実家に戻った母(携帯を持っていない)から電話があり、合格していたとの報告を受けました。
ボクを応援してくれたすべての人に感謝します。
[PR]
by gonta_i | 2005-09-30 20:18